共働き家庭の中学受験するかも!?備忘録

共働き家庭の中学受験伴走録

SAPIXに通う2025年組の長男(小4)と次男(小1)との日々を記します。

子どもが数字に興味を持ったら親がやるべきこと

PVアクセスランキング にほんブログ村

長男(小4)は算数が好きです。

ゲームをクリアするように、楽しんで解きます。

 

長男の算数スイッチが入ったのは、年少の頃だったと思います。

大きい数に興味を持ち、

「千の次は?万の次は?」

と聞いてきたので、図書館で算数図鑑を借りました。

 

「書いてー。」

と言われたので、

 

 

ノートに書きました。

 

「もっと書いてー。」

と言われ、毎日ゼロを一つ増やした数字を書くのが日課となり、

 

 

長男が算数図鑑を見ながら読み方を書くようになりました。

 

保育園から帰ると、

「今日も数字書こう!」

と誘われ、なんだこの遊び?と思いつつ、私も一緒に楽しんでいました。

 

今思えば、親子で遊んでいるだけだと思っていましたが、長男にとってはこれが好奇心を高めるきっかけとなり、今の算数好きに繋がっているような気がします。

 

子どもが数字に興味を持ったら、親も楽しみながら一緒に数字で遊ぶことが大事なのだと思います。


===================


さて先日、次男(小1)が

「億の次ってなに?」

と聞いてきました。

 

よしきた!と思い、桁の話をしました。

 

母「ゼロが何個になるか書いてみる?」

次男「いや、書かなくて良いから、一兆個のアメ買って。」

 

は!?з˘)

食いしん坊の次男は、アメを買ってほしいだけでした。

 

我が家にある『算数なるほど大図鑑』はこちら

 

応援クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村 

中学校受験ランキング